ケーススタディ
Pixocial、Lunaでチャンネル全体のクリエイティブパフォーマンスを改善

Pixocial は、写真やビデオの編集アプリを開発するシンガポールの大手企業です。Pixocial は、最も効率的な方法でユーザーベースを拡大・成長させるため、マーケティングデータをより簡単に管理する方法を模索していました。ここでは、Pixocialのグロース責任者であるEmma Shu氏が、ironSource Lunaを使用してクリエイティブパフォーマンスを向上させた経験を語っています。

クリエイティブ監査によるパフォーマンス分析

適切なクリエイティブインサイトに焦点を当てればパフォーマンス改善する方法を理解できることはわかっていましたが、キャンペーンやクリエイティブデータの分析に多くの時間を費やしていたため、どこに注意を向ければよいかわかりませんでした。

Lunaチームは、クリエイティブの分析が当社にとって優先事項であり、UAのパフォーマンスをよりよく理解しようとしていることを理解してくれました。そこでLunaは、クリエイティブをどうすればより最適化できるのかを把握するために、クリエイティブ監査を実施しました。

"現在では私達のUAチームはどのデータが重要か簡単に分かるようになりました"

- Emma Shu氏, Pixocial社 Head of Growth

チームは、2ヶ月にわたって当社のクリエイティブパフォーマンスを分析しました。まず、私たちの主なKPIを尋ねました。そしてそれをもとにLunaのラベル機能を使って、クリエイティブ内の要素とパフォーマンスへの影響の相関関係を明らかにしました。例えば、ある要素を共有するクリエイティブは、そうでないクリエイティブよりもパフォーマンスが高いとなどというようにです。ラベル機能によりクリエイティブに関連するすべての要素を詳細に分析できるようになったことで、次にクリエイティブを作る際のヒントを得られるようになりました。

次にLunaチームは、Luna Viewsにカスタムダッシュボードを設定し、マーケティングパフォーマンスをより具体的に視覚化できるようにしました。ダッシュボードには、当社のKPI要件に従ってさまざまなウィジェットを追加しました。Luna Viewsには優れたテンプレートが用意されていますが、必要に応じてウィジェットの内容をカスタマイズできることが非常にありがたかったです。現在では、UA チームはSKANの使用状況、クリエイティブのラベル分析、クリエイティブとメディアのコスト比較など、当社にとって重要なデータを簡単に確認でき、実際のパフォーマンスに基づいて今後のクリエイティブを決定することができます。

自分たちの手中に収める

Control CenterのLunaラベリングとダッシュボード機能では、データの推奨に基づいてさまざまなクリエイティブをテストするために必要なインサイトが得られました。具体的には、あらゆるクリエイティブのサイズ、寸法、フォーマットを検証し、動画クリエイティブで優れたパフォーマンスに出会いました。実際に私たちは、ユーザー獲得を引き続き最適化できるように、クリエイティブ分析に関するレビュー会議を毎月実施しており、以降、私たちのクリエイティブパフォーマンス、ひいてはユーザー獲得キャンペーンは大幅に改善されています。

LunaのOptimization Centerを使用してApple Search Adsキャンペーンを拡大、CPAを24%削減した方法を確認するには、こちらをクリックしてください。

Let's put these tips to good use

Scale up your app marketing with Luna