ケーススタディ
BoomBitがironSource Lunaの広告内データソリューションでIPMを20%向上させた方法

BoomBitはポーランドのグダニスクを拠点とするゲーム開発者です。「Ramp Car Jumping」や「Hunt Royale」など、あらゆる主要なモバイルジャンルのゲームを作成しています。BoomBitのユーザー獲得チームは、「Dog Life Simulator」のゲームでクリエイティブパフォーマンスを最適化しようとしており、そのためにironSource Lunaプラットフォームを使い始めました。

BoomBitのマーケティング責任者であるGonçalo Martins氏が、チームがLunaを使用して広告内データをトラッキングしてクリエイティブな指標をよりよく理解するとともに最適化し、その結果、IPMを20%以上増加させた方法について紹介します。

プレイヤーの行動を理解する

BoomBitが最初に「Dog Life Simulator」をローンチしたとき、プレイアブル広告のIPMが期待していたほど高くないことに気づきました。しかしその理由も、どのように改善すればよいのかも分かりませんでした。まず、ユーザーが自分のプレイアブル広告とどのように関わり、やり取りしているかをより深く理解する必要がありました。

そのために、Lunaはカスタムイベントを活用して広告内データをトラッキングすることを提案しました。これは、ユーザーフローと広告クリエイティブ内のドロップオフポイントに関するインサイトを独自に提供するAPIです。BoomBitとLunaは、エンゲージメントレート、広告再生完了率、ドロップオフ率という2つの特定のイベントに焦点を当てることにしました。

BoomBitは、プレイアブルにコードをほんの数行追加するという簡単な方法で、Lunaプラットフォーム上ですべての広告内データを表示・分析することができました。BoomBitは、プレイアブル広告が長すぎて、ユーザーが体験するアイドル時間が長すぎることがすぐにわかりました。実際、多くのユーザーは、インタラクティブ広告の最初の部分の後で、エンドカードにたどり着くことさえなく、すでにドロップオフしていました。このため、Lunaチームは、このインサイトを有利に活用するよう奨励し、共同で広告の新しいバージョンを作成しました。

プレイアブルにコードをほんの数行追加するという簡単な方法で、Lunaプラットフォーム上ですべての広告内データを表示・分析することができました"

- Gonçalo Martins氏、BoomBitマーケティング責任者

新しいインサイトを適用する

BoomBitは、プレイアブル広告を短くし、さらにユーザーがプレイアブルと連動するには画面をタップする必要があることを明確に示すため、手の絵文字も加えました。キャンペーンでこの新しいバージョンをリリースすると、エンゲージメントレートは改善しましたが、広告内データでは、ユーザーはプレイアブルの最初の部分の後でまだドロップオフしていることが示されました。

これらのインサイトを活用して、BoomBitはそれに従ってプレイアブル広告の最初の部分を削除しました。このようにして、プレイアブル広告は画面をタップすることから始まり、プレイヤーを最初から引き付けるようになりました。この変更は大きな違いをもたらしました - 高いエンゲージメントレートを維持しただけでなく、Dog Life SimulatorのIPMは20%以上増加しました。実際、キャンペーンに他のプレイブル広告を追加したにもかかわらず、この特定のバージョンは今なおこれまでで最高のパフォーマンスのプレイアブル広告となっています。

パフォーマンスを維持する

BoomBitが広告内データやカスタムイベントを使用する利点を認識するのに時間はかかりませんでした。実際、すべてのプレイアブルへの実装を開始し、全体的なマーケティング戦略に組み込むようになりました。

Lunaチームの継続的なサポートは素晴らしいものです。いくつかのプレイブルにカスタムイベントを実装し、全体的なマーケティング戦略に取り入れ始めました

- Gonçalo Martins氏、BoomBitマーケティング責任者

Let's put these tips to good use

Scale up your app marketing with Luna